陶画のある器 赤部焼

 

松本尚(たかし)の器

 

【伝えたい感覚  空気感  絵付け陶器の魅力とは?】

 

《陶の香り》・・・おおらかで、柔らかく、優しく、どこか懐かしい

・・・そんな空気感が香り立つような器でありたい。

肌に伝わる“描き絵”の感触、筆のタッチを知って欲しいと思っています。

 

 

陶器好きな方には、白化粧掛けは「汚れやすい、欠けやすい」という印象を持たれています。

私の作る陶器は、

柔らかな光沢を持つ釉薬を厚めに掛け、1240度で還元焼成しています。土と釉薬の収縮を調整して、器特有の貫入を防ぎ「丈夫で、汚れがつきにくくなっています。

 

それでも陶器は水分を吸うので、使用しているうちに色合いが変化しますが、

それが古色となり、なんとも言えない良い感じになっていきます。

赤絵、色絵の器

 

見てうれしく、使って楽しい赤絵の器

 

赤土を練り轆轤を回す

 

白泥を施し筆を走らせる

 

同じ繰り返しだけれど

同じにならない毎日

 

時々わずかな発見があります